稚内~仙台 33時間もの長旅!!

8月22日 土曜日

北防波堤ドームで夜を更かし、朝6時ぐらいに稚内駅へ、

天気は生憎のでした。雨が降っていてはどうする事もできず、改札口が開くまで待合室で待つ事に 改札の時間になると車内に乗り込みます。

6時24分 定刻通りに稚内駅を出発 僅か1夜の滞在でしたが、名残惜しい最北端の地を別れ、街を離れます。さてこれから愛知まで帰りますが、まずは宮城(仙台)まで向かいます。稚内までは、往路ですので、これから復路の旅になります。

昨日とは違い 外は強い雨でまともに景色が見れなかったのが不満でした。そんな中で音威子府駅で40分間の長い停車時間がありましたが、雨の事もあり外に出るのは止めました。それ以前に途中で寝てしまい、気付いたら音威子府駅を過ぎていました。

4時間ぐらい乗って 名寄駅に到着します。名寄駅に着く頃には雨がやみ、40分以上も乗り換え時間があるのもあり、少し商店街を散策し、駅に戻り、旭川行きに乗り換えます。
画像

乗り込むと1車両ながら車内は、結構混んでました。旭川まで向かう観光客に通勤客、学生などで、ほぼ座席が埋まってました。昨日は結構空いてましたからね。名寄駅を過ぎてから徐々に天気は、晴れていき

13時前に旭川駅到着 昼飯そうですが、旭川と言ったら、そう「旭川ラーメン」ですね。旭川ラーメンを食べに駅近くのラーメン屋で食べましたが、(「蜂屋」という店です。)醤油味を頼んでみて、麺のコシがありスープの酸味が上手くマッチしていて美味しかったです。何となく独特の味だったような

腹ごしらえも済み、札幌方面に戻ります。ここからは、終日函館本線内を乗車。15時過ぎには岩見沢駅に着き 食べたばかりですが、定食屋で少し早めの夕食をとった後、区間快速 いしかりライナー で小樽まで向かいます。車内が綺麗でしたね。
画像

画像

途中で札幌駅を通り、18時ぐらいに小樽駅に着きます。時間もあったので、小樽の夜景を楽しみました。
画像

画像

あと小樽と言えば、北海道の鉄道で最初に開通した 北海道炭礦鉄道(後に国有化) 旧 手宮線 の廃線が保存してあるのも知って廃線を探し撮影しました。

1880年(明治13年)に開通した。北海道最初の路線 旧 手宮線 を見た時はああこれかとしみじみ思いましたね。
画像

画像

小樽駅に戻り、この日最後に乗る電車で 長万部駅まで乗車します。最初はボックスシート全てが乗客で埋まる程の混雑も倶知安駅やニセコ駅で大半の乗客が降り、最終的に僕一人だけの貸切状態に(笑)

23時近くで長万部駅に到着します。なおすでに長万部駅の営業時間は、終了していたので 運転手自ら乗車券を回収してました。ちなみに19時30分に閉まるらしいですね。早い
画像

さて長万部駅をもって本日の鉄道乗車は終了 駅自体は、待合室とホーム内は、開放しているので ホーム内のベンチで仮眠と携帯電話を(電池式補助充電器)で充電しながら 「急行」 はまなす を待ちます。


8月23日 日曜日

深夜1時 寝静まっている時間帯に、「急行」 はまなす 青森行き がホームに滑り込みます。はまなすで、まずは、北海道を脱出します。今回は自由席に乗車です。さて今のJRでは、珍しい「急行」電車に乗ります。

さすがに真夜中だけに車内は減光されており静かでした。自由席はほぼ満席ながら何とか確保し、着席するとすぐに眠りにつきます。この間に 北海道から脱出 起きた時には、終点の青森駅にまもなく到着する所でした。   

早朝5時半に、青森駅に到着 本州に帰ってきました。稚内駅を出発してから、23時間以上を費やしたという事になりますね。さすがに北海道は乗り応えがありました。
画像

画像

画像

朝食に立ち食い蕎麦を食べた後は、奥羽本線で大館駅まで行きます。 6時12分 青森駅を発ち、弘前駅へ、弘前駅には、40分ぐらいで着き、乗り換え 大館駅には、7時40分に着きます。
画像

大館駅で次の電車を待つ時に、大館駅の駅員がインクが滲んで乗車印が読めないと言われ、再び乗車印を押してもらいました。大館駅で1時間待った後

8時40分発の盛岡行きに乗車します。大館駅からは花輪線と第3セクターのIGR銀河いわて鉄道線を経由して 盛岡駅まで向かいます。

大館駅を出発してから、乗務員より 別途必要となる好摩駅~盛岡駅までの乗車券(630円)を購入します。

山沿いを走る花輪線北海道に負けず劣らずの爽快な山景色でしたね。 あと湯瀬温泉駅や兄畑駅では、秋田県と青森県と岩手県の3つの県境を通り、好摩駅からは、元 JR東北本線の線路であったIGR銀河いわて鉄道線に入ります。

そして11時27分ぐらいに盛岡駅に着きます。盛岡駅に着いた後、駆け足でJRのホームに向かいます。

IGR銀河鉄道のホームからJRのホームまで遠く、走った末に、6分間の僅かな乗り換え時間で何とか間に合いました。

11時33分 盛岡駅からは、仙台駅までは東北本線で仙台駅まで向かいます。12時30分前に北上駅に着き乗り換えます。北上駅から一ノ関駅行きに乗りましたが、寝過してしまったのか、既に一ノ関駅を折り返していました。慌てて一ノ関駅の次の駅山ノ目駅で下車し、上り電車に再乗車し、一ノ関駅に着きます。

14時前ぐらいに一ノ関駅を出発し、この日の目的地 仙台駅へ、
画像

画像

途中松島海岸を遠くから眺め、15時39分 仙台駅に到着 仙台東口の東横インにチェックインし、荷物を部屋に置いた後、近くの丼屋で軽く夕飯を食べた所で、シャトルバスで、クリネックス スタジアム 宮城 まで向かいました。こうして稚内駅~仙台駅 までの33時間に及ぶ長旅はひとまず終わりました。


6:24 稚内 発車 「普通」 名寄 行き(8月22日 土曜日
南稚内
豊富
幌延
天塩中川
音威子府
美深
10:20 名寄 停車
11:06 名寄 発車 「普通」 旭川 行き
士別
和寒
12:55 旭川 停車
13:40 旭川 発車 「普通」 岩見沢 行き
深川
滝川
砂川
美唄
15:22 岩見沢 停車
16:35 岩見沢 発車 「区快」 いしかりライナー 小樽 行き
札幌
琴似
手稲
小樽築港
南小樽
18:08 小樽 停車
19:21 小樽 発車 「普通」 長万部 行き
塩谷
倶知安
ニセコ
昆布
二股
22:38 長万部 停車

1:03 長万部 発車 「急行」 はまなす 青森 行き(8月23日 日曜日
八雲 /
森 /
函館 (2:52 停車 3:22 発車)
木古内 /
知内 /
吉岡海底(臨) /
竜飛海底 /
津軽今別 /
蟹田 /
5:39 青森 停車
6:12 青森 発車 「普通」 弘前 行き
浪岡
6:53 弘前 停車
6:59 弘前 発車 「普通」 大館 行き
7:40 大館 停車
8:40 大館 発車 「普通」 盛岡(IGR銀河いわて鉄道 経由) 行き
大滝温泉
十和田南
鹿角花輪
湯瀬温泉
荒屋新町
松尾八幡平
好摩
11:27 盛岡 停車
11:33 盛岡 発車 「普通」 北上 行き
矢幅
花巻
12:23 北上 停車
12:31 北上 発車 「普通」 一ノ関 行き
13:21 一ノ関 停車
13:26 一ノ関 発車 「普通」 八戸 行き
13:30 山ノ目 停車
13:35 山ノ目 発車 「普通」 一ノ関 行き
13:40 一ノ関 停車
13:54 一ノ関 発車 「普通」 白石 行き
小牛田
松島
岩切
15:39 仙台 停車

23:37 宮城野原 発車 「普通」 仙台 行き
23:43 仙台 停車

乗車時間(所要時間(乗り換え時間含む)) 33時間15分(稚内~仙台)、6分(宮城野原~仙台)=33時間21分(稚内~仙台)

経由路線 宗谷本線(稚内~旭川)・函館本線(旭川~函館 函館~五稜郭)・海峡線(五稜郭~中小国信号場)・津軽線(中小国信号上~青森)・奥羽本線(青森~大館)・花輪線(大館~好摩)・IGRいわて銀河鉄道線(好摩~盛岡)・東北本線(盛岡~仙台)・仙石線(宮城野原~仙台)

                                                                  続く

 

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック