北防波堤ドームのおじさん

道に迷い ライダーハウスの居場所も分からず かと言ってビジネスホテルのお金を捻出するのも厳しい中で、迷ったあげく 北防波堤ドームまで3km以上歩いて 深夜1時過ぎに着いた後の話です。

北防波堤ドームは、稚内では、有名な野宿地帯です。たくさん野宿する人が集まっていて、テントや寝袋を持参しそれで寝ている人が沢山います。(まあ寒いですからね。)真面目に予定してなかったのもあり、そんなものは持ってきていませんでした。

仕方なく 上着を着てタオルをかけて眠りました。まだこの時間はたいして寒くなかったのですが、ただ流石に4時近く 明け方になるとより一層冷えてきて 目が覚めます。ぼー としてると、誰かが訪ねて来ました。

「そこで何してる」と言われます。どうやらおじいさんらしき人が(警察の人ではありません。(笑))

事情を説明すると、そのおじいさんが構えているテントに招かれ 恐縮ながら、テントに行きます。

どうやらそのおじいさんは、毎年夏になると、自ら単車で稚内まで自走し、北防波堤ドームに構えて そこを訪ねて来るライダーやチャリダーの旅人等を交流するのが楽しみにしており17年(回)ぐらい通っているとか(本人はボランティアとして行ってるとか)

メディアにも採り上げられるほど、旅人や稚内市民にも愛されている人でした。通称「ドームのおじさん」

どうやらドームのおじさんは、愛知県日進市に在住しているとからしく(よりによって地元)、僕も愛知(弥富市)から来たと言うとそこから話が弾み 色々と談笑している内にあっという間に朝を迎えました。

イタリア産のコーヒーにトーストとゆで卵を御馳走になったうえに、色々と話をしてくれたドームのおじさんに礼をし、北防波堤ドームから去りました。

※後日インターネットで調べてみると 本当に有名なんだなと数々の関連サイトを確認しました。

しかし、ドームのおじさんによると、今年の夏をもって稚内に行くのを引退するとか どうやら事情が沢山あるらしく、フェリー乗り場の移転に伴い市自体が防波堤ドームを閉鎖するとかの懸念(よく分からないが)やドームのおじさんをやめて今度は夕張方面に行こうかなと考えているとか。

いずれにせよ これも旅の醍醐味ですね。
画像

画像

画像

                                                                  続く


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック