中日・楽天 日本一

アクセスカウンタ

zoom RSS ただ歯車が噛み合わないだけの敗戦&福岡空港滑走路閉鎖

<<   作成日時 : 2015/03/21 00:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

3月1日 日曜日

ソフトバンク 2-0 楽天

先週の沖縄(北谷)に続いてこの日は福岡まで。8時00分発 9時00分着ANA3831便(SFJコードシェア便(機材はSFJです。黒い奴の))に搭乗 前回は機材を撮影するのを忘れていたので今回は忘れずに撮影しました。(なお写っているJAL機体が2月22日に沖縄(那覇)まで搭乗した機体です。)
画像

2015年楽天の応援初めです。最初の対戦相手は昨年日本一のソフトバンク(福岡 ヤフオクドーム!(福岡ドーム))から。

ラッキーゾーン(ソフトバンク攻撃時にはアンラッキーゾーン)みたいのが出来上がっていました。
画像

画像

スコアボードも地味にリニューアルしてましたね。文字表示が白色主体になり、あと誰がランナーなのかが表示される様になりました。(スタメン発表の時は審判名が表示)
画像

楽天

7 岡島
8 福田
5 銀次
D サンチェス
3 枡田
9 牧田
4 藤田
6 三好
2 小関
P 入野

ソフトバンク

9 中村(晃)
4 明石
7 内川
8 柳田
3 李(大)
5 松田
D カニザレス
2 鶴岡
6 今宮
P 中田(賢)


どんだけ○田という苗字が多いんだよとツッコミはともかくとして、まずドラフト5位のルーキー(と言っても既に独立リーグ(四国)で7年も投げている結構なキャリアでNYのエース候補兼アイドルオタクの某投手と同世代)の入野投手が3イニング投げ昨年日本一のソフトバンク打線に火をつけさせませんでした。

この後に辛島投手が登板したのですが、李(大)選手にレフトへアンラッキーゾーン関係無しの2ランホームランを見事に打たれてしまい0-2となりこれがそのまま決勝点に・・・(制球も甘かったかな。)

打線の方もソフトバンクへ移籍してから初めて見ますが元中日の暴れ馬投手を初め、隙がありそうな所がかなりあったにも関わらず点が結びつく事なく零封負けです。ただの投打が噛み合わない敗戦でした。・・・ というかデーブ監督が早打ちしろではなあそりゃ勝てないわ・・・

他に言う事は昨年DeNA(横浜)から戦力外通告となりトライアウトから獲得した藤江投手を初めて見た事でしょうか。それなりの投球でしたね。期待もそうですがこうなれば元DeNA Fトリオ(F=藤田 F=福山 F=藤江)で楽天を盛り上げて欲しいですね。

最後にスタンドはほぼ満員でした。7回裏に代打で松中選手が登場した時はこれはオープン戦かと疑うぐらいの声援でした。公式戦と同じ雰囲気でしたね。某名古屋の球団にもそのぐらいの雰囲気が欲しいです。
画像

(楽)入野、辛島、武藤、藤江、川井、小山(伸)-小関、小山(桂)
(ソ)中田(賢)、サファテ、森福、嘉弥真、巽、飯田-鶴岡、拓也

勝利投手 森福投手
敗戦投手 辛島投手
セーブ投手 飯田投手

(本)

(ソ)李(大) レフト2ラン(4回 辛島)

PL 坂井
1B 有隅
2B 柳内
3B 敷田

試合時間 2時間42分(13時00分 試合開始 15時42分 試合終了)

観客動員数 32042人

この試合で観戦した座席 3塁側 外野自由席(6ゲート 26通路 17列 81番)


ええと試合そっちのけでここからある意味本題です。

試合終了後、時間に余裕があったので王貞治ベースボールミュージアムへ初めて立ち寄り、中洲川端にある行きつけのラーメン屋とネットカフェで一服し、福岡空港には19時20分前に到着 その後19時50分発(21時00分着)ANA448便に搭乗する為に手荷物検査を急いで受けようとしたのですがANAマイレージクラブカードを提示し専用のリーダーにかざすと何故かエラーが出てしまい警備員に止められてしまいました。

おかしいな座席指定も済んでいて間違いも無いと確認した筈なのに何故 どうやらなんと福岡空港の滑走路が閉鎖してるという事で空港の業務自体が停止しているという説明がありまさかの事態に。

空港ごと止まっていますので大勢の搭乗客でごった返している状況でした。これはどうしようかと。こんな事になってるとは思ってもなかったですし、中洲川端で時間を食いすぎてしまい手荷物検査締切時刻ぎりぎりに来るくらいなので考える時間もあまり無かったです。

暫く経った後にANA448便の欠航のアナウンスが流れ あああどうしようかと。・・・ 明日のアレの対応をしないといけないな、まずい・・・ そんな感じの大勢の搭乗客と共にそう考えていました。福岡空港そのものがパニック状態になってましたね。そして何故滑走路が閉鎖したと聞きたい気持ちでした。

欠航のアナウンスが流れたのは19時40分ぐらいでした。この時新幹線に変更しようか、博多駅から名古屋方面最終の「のぞみ」が出発するのは20時00分発(名古屋駅 23時20分着)と確認してから福岡空港から博多駅まで必死で急げば10分以内で着くので変えようかと悩みましたが払い戻しや振替便はどうするそんな事もありそれは止めてすぐにスマホを取り出してANAのサイトで振替便があるか確認しました。

なんと幸運な事に当日の20時35分発(21時45分着)ANA450便に1人分空席があったので急いで予約変更をしました。更に滑走路も開通し2、30分程度離陸が遅れだけで帰名する事が出来ました。

後にこの様な記事が

誘導路で機体故障 福岡空港が一時閉鎖(西日本新聞(3月2日 10時01分配信))

1日午後6時ごろ、福岡空港で、福岡発羽田行きの全日空264便(ボーイング787、乗客327人)が、滑走路に向かう誘導路を走行中にブレーキが故障して自力走行できなくなり、滑走路が約1時間半閉鎖された。国内、国際線合わせて福岡空港に到着予定だった19便が長崎、佐賀、熊本空港などへ行き先を変更。2日午前0時現在、発着34便が欠航したほか、出発11便に最大1時間50分の遅れ、後続の到着10便に最大1時間20分の遅れが生じた。

264便は第2ターミナルの3番搭乗口から、トーイングトラクターと呼ばれる車に押し出され、誘導路で南に向きを変えたところで動けなくなった。全日空によると、ブレーキを制御する機体のコンピューターに不具合が生じ、一部の車輪のブレーキがかかったまま解除できず、外部からも機体を動かすことができなくなったという。滑走路は午後8時前に再開した。

 国土交通省福岡空港事務所は、自走不能となった同機が障害物となり、空港運用に支障を来すと判断し、滑走路を閉鎖した。同便は欠航になり、乗客1人が体調不良を訴えて救急搬送された。

 都心部に近い福岡空港では、騒音対策などのため午後10時以降の定期運航を自主規制しているが、この日は11時すぎまで運航。同事務所は「不測の事態であり、周辺住民にはご理解いただきたい」としている。

 福岡県飯塚市の実家に帰省するため、成田空港からジェットスター便に搭乗した大学生(21)=東京=は、福岡空港への到着予定から約1時間遅れの午後7時ごろ、熊本空港に到着。「父親が車で迎えに来てくれることになった。飯塚から2時間半もかかり、家族に申し訳ない。まさかこんなことになるなんて…」と疲れた表情で話した。

西日本新聞社


この日の試合運が無いなと感じてましたがまさかここで運を使うとは思いもしませんでした。それにしても原因がANAの機体トラブルでブレーキの故障そして滑走路から動けなくなるとは。これは少し不安ですね。・・・

なお搭乗する予定の飛行機が欠航になったのは初めての経験でした。おしまい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ただ歯車が噛み合わないだけの敗戦&福岡空港滑走路閉鎖 中日・楽天 日本一/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる