中日・楽天 日本一

アクセスカウンタ

zoom RSS 初の草薙(静岡)来場で2-2のドロー

<<   作成日時 : 2014/06/08 09:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

3月16日 日曜日

楽天 2-2 ヤクルト (規定により引き分け)

(今更観戦記シリーズ)

この日は静岡まで行ってきました。名古屋駅新幹線口からハイウェイバスで6時30分発の東京駅日本橋口行きに乗車です。
画像

座席が一番前の席でした。景色もよく見れて、ツーリングしている様子も。
画像

東名静岡ICのバスストップで下車しそこからは何の名前かは忘れましたが路線バスで20分程度揺られながら静岡鉄道の新静岡駅へ向かい新静岡駅から静岡鉄道に初乗車
画像

10分程度乗車し静岡総合運動場前駅で下車し徒歩で10分もかからずに静岡県草薙総合運動場硬式野球場に到着 
画像

静岡草薙球場は初来場となります。

静岡草薙球場は沢村沢村栄治氏やベーブ・ルース氏について有名なエピソードがあり銅像もあります。
画像

画像

それとかつてはパ・リーグ球団のみ東西の球団に分かれての「パ・リーグオールスター東西対抗」というのも行われていた事があります。私は当然観に行った事はありません。

そもそも2007年5月から楽天を応援し始めるまではパ・リーグの本拠地野球場に行く事がまず出来なかったですからね。近い所でも大阪まで行く必要がありましたからね。この時幼い子供だった私にとってはパシフィックリーグはTV中継か番組で観る世界でしたから。・・・

身近でパ・リーグの球団を観るのはナゴヤ球場でのウエスタン・リーグぐらいでしたね。当事は近鉄、ダイエー(現ソフトバンク)、サーパス(現オリックス)があった時代でした。
画像

画像

先発投手は 楽天 美馬投手 ヤクルト 中澤投手

ヤクルト

4 山田
8 雄平
9 バレンティン
7 ミレッジ
5 川端
3 畠山
2 中村
6 西浦
D ユウイチ
P 中澤

楽天

6 西田
4 岩崎(達)
5 銀次
D ジョーンズ
3 ユーキリス
7 後藤
9 牧田(明)
2 小関
8 聖澤
P 美馬


1回表 山田選手をライトフライ 雄平選手 セカンドゴロ 3番には去年のホームランキング DVバレンティンをセカンドゴロに抑え三者凡退の好スタートです。

1回裏 西田選手 ショートゴロに倒れますが、岩崎(達)選手を打ち、銀次選手 センター前ヒット AJ選手 フォアボールを選び1アウトフルベースになった所でユーキリス選手を迎えます。ここで打って欲しいなと願いつつも空振り三振でした。後藤選手もセカンドゴロに倒れ3者残塁

2回裏 牧田選手 セカンドゴロ 続いて小関捕手はサードゴロでしたが、サード 川端選手のエラーでランナーが出ました。聖澤選手もサードゴロ その間に小関捕手は2塁へ結果的に送りバントと同じ結果に。

ここで西田選手を迎えるのですが、その西田選手がレフトスタンドに飛び込む2ランホームランを打ち2点先制 2-0

その後は両チーム共ランナーがたまに出るも無得点のまま7回表

6回表からは美馬投手から長谷部投手に交代(抑えています。) 7回表からは福山投手に交代

2月の讀賣巨人戦の事は置いといて、どう抑えるかだったのですが、4番のミレッジ選手をショートゴロに抑えたのは良かったとして、川端選手にライト前ヒット 畠山選手にレフト2ベースヒットを立て続けに打たれてしまい、中村捕手がセカンドゴロで打ち損じている間に3塁ランナーの畠山選手が生還し1点を返されてしまいました。2-1

更にヤクルトのルーキー西浦選手レフト前タイムリーヒットを打たれてしまい同点に追いつかれてしまいました。・・・ 2-2 福山投手 うーん・・・

次の打者 一応元楽天の岩村選手をキャッチャーゴロに打ち取り何とか逆転は防ぎました。

8回表 福山投手から小山(伸)投手に交代

山田選手 ショートゴロでしたが西田選手のエラーで出塁を許してしまいます。

この後雄平選手 レフトフライ 飯原選手を空振り三振で2アウト

ただ上田選手にはフォアボール、更に1塁ランナーの山田選手にスチールを許してしまったので2アウト1塁,2塁のピンチを迎えるも川端選手をセカンドゴロに打ち取り何とか無得点に抑えました。

9回表 小山(伸)投手から青山投手に交代

ええとこのイニングもピンチだった訳でしてww

三輪選手にいきなりレフトオーバーの2ベースヒットを打たれ、中村捕手には送りバント 西浦選手にはフォアボールを与えてしまいノーアウト1塁,3塁の大ピンチの所で岩村選手を迎えますが岩村選手を空振り三振に抑えたものの山田選手にフォアボールを許してしまい満塁 この試合一番のやばい展開になりますが、雄平選手の打席の所でサードに入っていた仲澤選手がジャンピングキャッチのプレーがありこの試合最大のピンチを切り抜けました。

せっかく抑えた事ですし逆転もしくはサヨナラ勝ちを狙うも結局打ち崩せず2-2の引き分けで静岡遠征を終えました。青山投手が抑えたのがある意味収穫点だったかなと。(オープン戦だからかもしれませんがね。)
画像

(ヤ)中澤、真田、カーペンター、八木、阿部-中村
(楽)美馬、長谷部、福山、小山(伸)、青山-小関、嶋

(本)

(楽)西田 レフト2ラン(2回 中澤)

PL 牧田(匡)
1B 笠原
2B 小林(和)
3B 秋村

試合時間 3時間05分(13時00分 試合開始 16時05分 試合終了)

観客動員数 7318人

この試合で観戦した座席 1塁側 外野自由席(R-13-122)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
初の草薙(静岡)来場で2-2のドロー 中日・楽天 日本一/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる