中日・楽天 日本一

アクセスカウンタ

zoom RSS クライマックスシリーズ ファーストステージ 初戦を飾る!!

<<   作成日時 : 2012/10/28 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

10月13日 土曜日

中日 6-1 ヤクルト

さあ今年も日本シリーズ進出を賭けたクライマックスシリーズが始まりました。まずは2012 セントラル・リーグ クライマックスシリーズ ファーストステージの緒戦です。そしてここからは下手をすれば今年最後の観戦(応援)と遠征かという場面も出てきます。

私は金曜日からの夜勤を終えてこの試合を観戦(応援)後に夜勤に入る。そして風邪をひいてしまった中での体にとって少し辛い野球観戦(応援)の始まりです。

ファンクラブ優先販売でのチケットが取れた場所柄 今回は思いっきりヤクルトファンの目の前のレフトビジター応援席の目と鼻の先(そういえば去年のファイナルステージ 第5戦目もそうでした。そして今回は更に目の前でした。下段席(青色)の最後部なので本当に目の前でした。)

そして私の次列は(静岡から来たらしい)若いカップルのヤクルトファンが座ってたり、周囲を見渡すと大半がヤクルトファンに囲まれている等 素敵な逆アウェーでした。(爆)
画像

試合開始前には通算800試合登板を達成した岩瀬投手の表彰式が行われました。そして試合が始まります。
画像

セ・リーグのクライマックスシリーズは予告先発(ついでに時間制限のルールも)が無いので誰が先発するか気になりました。でその先発投手は中日 中田(賢)投手 ヤクルト 石川投手

こうきましたか。スタメンは


ヤクルト

8 雄平
4 田中(浩)
7 ミレッジ
9 バレンティン
6 川端
5 宮本
3 畠山
2 相川
1 石川

中日

8 大島
4 荒木
5 森野
3 ブランコ
7 和田
6 井端
9 堂上(剛)
2 谷繁
1 中田(賢)

1回表 雄平選手を空振り三振 田中(浩)選手をショートゴロ ミレッジ選手をサードフライに打ち取りまずは初回を0点で抑えます。

1回裏 大島選手 ボテボテの当たりでしたが内野安打で出塁 続く荒木選手も送りバントを成功し更に森野選手内野安打で出塁し1アウト3塁,1塁チャンスでしたがブランコ選手はゲッツーに倒れてしまいました。

2回表 厄介そうなバレンティン選手を外角のスライダーで見逃し三振に。川端選手をファーストゴロ 宮本選手をライトフライに打ち取ります。

2回裏 和田選手、井端選手、堂上(兄)選手 ライトフライとファーストゴロで三者凡退

3回表 畠山選手をサードゴロで打ち取るも続く相川捕手にセンターオーバーの2ベースヒットを打たれ中田(賢)投手 この試合初めてのピンチを作りましたが、石川投手と雄平選手を空振り三振に打ち取りまずは最初のピンチを切り抜けました。

3回裏 谷繁捕手 空振り三振 続いては中田(賢)投手の打席ですが、中田(賢)投手 自らレフト2ベースヒットを打ち1アウト2塁に。(元楽天のベテラン選手より期待が持てるのでは。・・・

続く大島選手はファーストゴロに倒れますが中田(賢)投手は3塁へ進塁し結果的に送りバントの形になりました。荒木選手フォアボールを選び 2アウト3塁,1塁のチャンスを作りましたが森野選手は空振り三振に抑えられ無得点 2者残塁

4回表 自ら打ったもののチャンスをモノに出来なかった中田(賢)投手 それでも田中(浩)選手をサードゴロ ミレッジ選手をレフトフライ バレンティン選手を見逃し三振に抑え 良い感じの三者凡退に抑えました。

4回裏 ブランコ選手 フォアボールを選び ノーアウト1塁の場面で

和田選手 私に比較的近い位置まで飛び込んだレフト2ランホームラン中日2点先制 2-0

その後 井端選手はピッチャーゴロ 堂上(兄)選手は空振り三振 谷繁捕手 空振り三振で3アウトに。しかし和田選手2ランホームラン大きな一打でした。

5回表 川端選手 レフトフライ 宮本選手 センター前ヒット 畠山選手はレフトフライで2アウトにこぎつけますが相川捕手にセンター前ヒットを打たれ2アウトですが、1,2塁のピンチに。

ここで石川投手から代打 藤本選手をレフトフライに何とか打ち取り2者残塁に抑えました。

5回裏 石川投手からロマン投手に交代 そして中日も中田(賢)投手から代打 山崎(武)選手を投入するもショートゴロに。

大島選手はセンターオーバーの2ベースヒットを打つも荒木選手はボテボテのサードゴロ 大島選手は3塁まで進塁しましたが、森野選手はキャッチャーファウルフライで結局無得点に。

6回表 中田(賢)投手から田島投手に交代 雄平選手を空振り三振 田中(浩)選手をセカンドフライ ミレッジ選手をサードゴロに抑え三者凡退に抑えました。

6回裏 ブランコ選手 ハーフスイングを取られた形で三振をするも、和田選手 当たり損ないのサードゴロでしたが内野安打となり出塁 続く井端選手はサードゴロに倒れますがその間に1塁ランナーの和田選手は2塁へ。これも送りバントと同じ形に。

そして1点でも多く欲しい場面で堂上(兄)選手レフトタイムリーヒットを打ち更に貴重な追加点が入りました。3-0

堂上(兄)選手から代走 平田選手(7回表からライトの堂上(兄)選手に代わって、7番 ライトで守備につきます。)

続いて谷繁捕手もフォアボールで出塁するも田島投手は空振り三振に倒れチェンジに。

7回表 ヤクルト ラッキーセブン 画像は撮っていませんがつば九郎氏もナゴヤドームに来場 レフトスタンドに着席していたのですぐ目の前まで来ましたよ。

さてここで、バレンティン選手レフトソロホームランを打たれてしまい1点を返されてしまいます。・・・ 3-1

それだけならまだしも、続く川端選手にフォアボール 宮本選手に送りバントを成功させられ更に畠山選手にフォアボールを許してしまい1アウト1,2塁 もう1点でもやられるとガラッと試合が変わってしまうだけにどう抑えるか。

そこで田島投手から浅尾投手に交代

まずは相川選手をレフトフライに打ち取り2アウト

ロマン投手から9月の神宮でサヨナラ打を打ち、中日のサヨナラ負けを拝ませた福地選手が代打に。その福地選手を空振り三振に抑え何とか1失点で最小限で喰い止めました。流石に浅尾投手様様ですね。

7回裏 ロマン投手から日高投手に交代

大島選手 ライトへのフライでしたが、詰まり過ぎた当たりが幸いしてかポテンヒットに。続けて荒木選手レフト前ヒットを打ち1塁,3塁 そして森野選手もフォアボールを選びノーアウト満塁大チャンスを迎えます。

日高投手から松岡投手に交代

満塁なので敬遠が出来ない場面でブランコ選手を迎え、チャンスで盛り上がる中 ここは残念ながらファーストフライに倒れますが・・・

4回裏にレフト2ランホームランを打った和田選手がまたしてもライトタイムリーヒットを打ち4-1

和田選手から代走 英智選手登場し更に盛り上がる中、続けて井端選手センター犠牲フライでもう1点 5-1

更に7回表からライトで出場している平田選手にもセンターへのタイムリーヒットを打って 6-1 ヤクルトを突き放しました。

谷繁捕手はライトフライに倒れますが、このイニング3点を取る等 大きな追加点でした。ある意味決勝イニングでしたね。

8回表 浅尾投手からソーサ投手に交代 サードの森野選手がファーストへ(ブランコ選手は退く) サードには堂上(弟)選手が。レフトの和田選手から英智選手に交代(恐らく目の前で観るには最後かも。)
画像

雄平選手から代打 上田選手をレフトフライに打ち取ります。

しかし田中(浩)選手にフォアボール 更にミレッジ選手にレフト前ヒットを打たれ1アウト1,2塁

怖いバレンティン選手をセカンドフライで2アウトまでいくも、川端選手にフォアボールを許してしまい2アウト満塁の大ピンチに。5点差あるとはいえ崩れたらやばい雰囲気に・・・(7回裏の3点が無ければ更に相当やばい状態。)

ソーサ投手から山井投手に交代

大事な場面でしたが、何とか宮本選手をセカンドゴロに打ち取って7回と8回 最大のピンチを切り抜けました。少なくても打たれていたら。・・・

8回裏 松岡投手から七條投手に交代

堂上(弟)選手 レフトフライ 大島選手 空振り三振 荒木選手 ショートゴロで三者凡退

9回表

このまま山井投手で続投

畠山選手をサードライナー 相川捕手をサードゴロに打ち取り2アウト

そして七條投手から代打 武内選手を抑え、6-1勝利 2012 プロ野球 セ・リーグ クライマックスシリーズ ファーストステージ 第1戦目 をモノにしました。
画像

ヒーローインタビューは4回裏にレフト2ランと7回裏にライトタイムリーヒットを放った和田選手5回裏までを確実に抑えた&自身2ベースヒットを打った中田(賢)投手でした。
画像

画像

画像

さてこの1勝大きく重みのある1勝でした。これで勢いに乗れるかという思いになりました。

二次会後 最初に書いた、静岡から来たヤクルトファンの若いカップルに「中日がもし勝ち抜いたら何としても巨人だけは倒してくださいね。というお願いと言いますか託されてしまいました。(私はそれをよく聞いたうえで明日以降の試合の健闘を祈ります。と言ってから退場しました。)

まあこんな感じでこの日の試合を終え、殆ど寝てないまま夜勤へ入りました。この日の試合何とか良い終わり方でお終いです。


(ヤ)石川、ロマン、日高、松岡、七條-相川
(中)中田(賢)、田島、浅尾、ソーサ、山井-谷繁

勝利投手 中田(賢)投手
敗戦投手 石川投手
セーブ投手 山井投手

(本)

(ヤ)バレンティン レフトソロ(7回 田島)
(中)和田 レフト2ラン(4回 石川)

PL 木内
1B 中村(稔)
2B 良川
3B 有隅
LL 杉本
RL 森

試合時間 3時間11分(14時00分 試合開始 17時11分 試合終了)

観客動員数 31146人

この試合で観戦した座席 3塁側 外野応援A席(3ゲート 2階席 43通路 34列 513番)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
クライマックスシリーズ ファーストステージ 初戦を飾る!! 中日・楽天 日本一/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる