中日・楽天 日本一

アクセスカウンタ

zoom RSS 審判の取り組みについてが変わる!?

<<   作成日時 : 2009/11/29 17:16   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

野球シーズンが終わると、寂しい以前にネタがあまり無いのですが、この記事を見て少し見逃せない部分が出てきました。

審判のセパ担当制廃止へ、統一で経費削減(日刊スポーツ)

 日本野球機構(NPB)は、2011年度をメドに審判部と記録部のセ・パ担当制をなくす方針であることが26日、分かった。来年度は準備段階として両リーグ審判員の帽子とロゴを統合。その後、混合での配置に向けて待遇面などを統一し、垣根を取り払っていく。これにより、例えば甲子園で阪神戦を受け持った審判員が、次カードは京セラドーム大阪でのオリックス戦に回ることが可能になる。毎年3億円の赤字が見込まれるNPBとしては、経費の大幅削減が可能になる。


プロ野球の試合で重要なのは、何も選手だけではありません。審判は、影の主役です。(なので観戦記には、必ず審判名を書いています。)判定を捌く人がいなければ試合は成立できないですからね。ましてや試合が終わるまであまり休む間も無く、判定は正確にジャッジをしなければならない等大変な物です。実際僕も草野球等で素人ながら審判を経験した事があります。

その審判ですが、記事の通り、経費削減によりかなり大幅な変化が起こりそうですね。ましてやセ・パ リーグの担当別を無くすという事は、今までリーグ別に試合を担当する審判も、この様な事で、リーグ関係なく、変則的な関連になるかと思われます。(ファームも含めて)

そもそも昔は6人審判制だったのが、これも経費削減で、現在の様な4人審判制に落ち着いてる訳ですからね。6人審判制は、日本シリーズ・クライマックスシリーズ・オールスターゲーム に限り特別な試合のみ、6人制です。

春頃に15秒ルールが適用され少し騒がれるも、結局オープン戦以降は落ち着きましたが、今度はどうでしょうかね。特に球審については、ストライクゾーンを辛くとる、甘くとる 等 判定にばらつきがあります。投手によっては、ゾーンのとり方に苦手な審判もいるかもしれません。ましてやリーグ別で無くなるとすれば尚更です。

まあいずれにせよ、最初は違和感があるでしょうね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
審判の件
そんな話になっていたんですね
知りませんでした

審判がどうなっても楽天が勝てるならなんでもいいです私
バサパパ
2009/11/30 22:20
返答をするのが遅れました。

まあいずれにせよ最初は必ず違和感はあると思いますが、様子を見たうえで改善されれば良いでしょう。
中日・楽天 日本一
2009/12/05 18:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
審判の取り組みについてが変わる!? 中日・楽天 日本一/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる